長いので興味のある方推奨。

Effect_20190525_124215
(夜のオフィス街は真っ暗で…)


都内方向だけかもしれんけど、通勤電車が少し混んできましたね。

何となく流行り始めより危なく感じる今日もこの頃。

今までは、がら空きの電車、社内、家と、一日トータル30_50人に充たない人数しか出会わなかったのでほとんど意識をしてなかったけど、逆に怖いわん。




さて昨日の夜半から行って来ました転職エージェントとの面談。

ブログ的にっつーか、自分の備忘録的に書くので普通に書くぞ。

興味のある方覗いていってね。後今転職活動で動いてる人は何かコメントちょーだい。


PV激減してるけどな!




今回、よく見る超大手のエージェントサービスではない所に行ってまいりました。


IT系が強い所で、そこに付随してデザイン系もそれなりに…みたいな感じかしらね?

昨今webと紙媒体は切っても切れない関係性。

その辺から普通のエージェントよりニッチな会社ないかしらん?っていうおは的見積。




今回20時以降で予約取りまして。

普段からスケジュールがまともに組めない私としてはとてもありがたかった。

実際ギリギリだったし。

最近さすがに暇だったし、念の為30分余裕もったのにこの日に限ってイレギュラー発生。

…呪われてるんじゃないか?




さて都内の『オフィス街ーっ!』っていうオフィス街に足を運んだおは。

今働いてる所もオフィス街なんだけど居酒屋あったり古いビルがあったりと、昭和のオフィス街で勤めているおはには新鮮だったり。


面談担当者は女性。

お会いするとマスク姿だが20代中盤から30代前半。

ちーと嫌な予感のするおは。




何故なら40代中間管理職ともなると社内のリクルートにも関わる訳で。

現職の会社ではエージェントは使った事はないんだけど、転職サイトには申し込むんだな。


んで求人募集を掲載するに当たって、転職サイトの営業と打ち合わせするわけよ?

どんな人材を、どのような業種で、これくらいの条件で、っていうのを話していく訳だが、これまで出会った営業さんは何というか『あんまり業界のこと知らない』感じがあった。


まぁ彼らは転職サイトの運営のプロであり、業界のプロではない。当たり前とは思う。
 

とはいえ色々と耳心地良い事を言ってくれる訳だが、

そんな風になったことはない。一度も。


だから今、結局自分自身が転職活動している訳だが。


んまー、現在の社に魅力がない。私のマネジメント力が足りない。

そのせいでもある。いやそのせいかもしれん。


ははっ。



なもんで、またぞろあまり意味のない話になるのかなー?って思うおはであった。



面談は対面で二人きり。
狭い個室で男女が二人きり。。。



何も起きないはずはなく…。




つーのはさておき。

転職活動してる人で、そこが緊張して嫌だ、っていう人はおらんと思うけど。


エージェントって全部が全部かは知らんけど、企業に求職者を紹介(これを紹介というのかよく分からんが)して、雇用が成立した時に『年収の1/○』を成果として受け取るらしい。


これネットで見てたから聞かなかったな。ここはいくらなんだろ?


なもんで、私ら求職者が彼らの商材であるので、ある意味お客様扱いである。

面談て聞くと腰重く感じるかもしれんが、あくまで面談であり面接ではないから

そこまで気にするもんではなかったですよ?



まずはエージェントサービスを使うに当たっての注意事項。

やっぱ転職サイトとは違うなと。

  • 面接のスケジューリングもエージェント経由
  • 企業と直接連絡を取らない。全てエージェントを通す。
  • 逆に面接時に聞きにくい年収の話とか、聞きそびれた事を面接後にエージェントから問合せ出来る。
  • 選考中に自分が『この会社ないな』と思っても結果出るまでは続けて欲しい(遵守ではなかったけど、エージェントサイドの信用問題のため)
  • 面接後、エージェントに連絡がいる(アフターケアもするらしいけど)

等々。

若干煩わしくもあり、ありがたくもありな感じ。



んで面談が始まる訳だが、まず『退職理由』。


どうも詳しく聞きたいようでした。

私の場合は10年越えてるからさすがにこれが一番の理由だ、ってのが中々出ない。人間関係がメインだけども、それだけで辞める訳でもなく。


そらそうよ。これまでプラスとマイナスでバランスギリギリ取れてた所が、完全にマイナスに傾いただけなんだから。



酸いも甘いも味わった結果だからね。

そんな感じでイマイチ明確な答えを言えないと結構時間かかった気がする。


面接の時は注意しよう。。。
そういや俺も面接した時は重視してたわ。



んで『希望職種』。

このブログ内でインハウスデザイナーなど書いておりましたが、それが希望だと伝えた所、「すいません、あまり知らない」との事。


…おー。。。


まぁ一般的には使わない言葉ですが、IT系もインハウスって求人募集の中に一杯書いてるぞ?

担当者は言い方が様々だ、って言ってたし、社内デザイナーとかメーカー内勤務とか言い方あるけどね?


伝わったので良しとする。

あとあんまり詳しくなさそうなのも伝わったので良しする。(?)


で、その社内デザイナーなんですが。

求人自体少ない。


とのこと。


この一年、転職サイトではあまり見かけなかったからやむ無しか。

エージェントの方は違うのかなー?って思ってたけど、やはり母数が少ないのね。



で、

デザイナー=手を動かして作る
ディレクター=クライアントの意向を聞いて人を動かして作る


どちらを望むのか?っていう質問。

この辺はさすがに特化型でしたね。
ここから話が早かった。


ここで前から疑問だった事があって聞いてみたんですが、

突然入ってきた新人ディレクターが社内に長くいるデザイナーにいきなり指示だして作らせる』のか?

っていう所。



実際求人見てたら『ディレクター募集』ってのをしょっちゅうあって。

不思議だったのよ。

まぁディレクターから指示を受けて作るってシステムの中で仕事してなかったからだけど。


…。

…俺の経歴大丈夫かな?



聞いてみると、ディレクターで入ったら即ディレクター、手を動かす事から離れてマネジメントを始めるらしい。


そーかー。



デザイナーって癖強いの多いけど、いきなり出来るもんなのか?


ていうか、結構高給なのに求人が多いっていうのは離職が多いからかしらん?

イメージとしてはデザイナーで入って数年たって社内と社外の連携取れる人が選ばれてなるもんだと思ってた。



希望年収は?


現在のまま、と伝えたい所でしたが業界的には会社規模から考えると割と高水準の年収と思ってる。

今の年収を聞かれたので伝えたつつ、「割と貰ってて、ディレクター、マネジメントクラスくらいの金額ですよね?」と聞くとやっぱりそうらしい。


で、ちょっとびっくりしたのが企業側も前職の給料くらいはなるべく出すようにするらしいとかなんとか。

…。


マジで?

今の会社だと、転職してきたら大体下がるからその話も面接の場で普通にしてたぞ?

年功序列が強いってのもあるけど。

年齢高く、と経歴が長いだけで、その会社に長くいる人間より高い給料出すの?



俺が意味を受け取り間違えたかなぁ…?


下がるもんだと思ってるし、今の年収は『その会社ならではのキャリア』の部分があるから、転職しても同じようには働けんと思うのですが。

お客さんも社内の立ち回りも全部無くなるのに。

まぁええわ。

半分くらいなる覚悟もあるのでそれより高かったら良しとしよう。

後、企業との面接の場で、年収の話する時は『残業代込み・手当て込み』をちゃんと伝えないと齟齬が出るみたい。

この場でも出た。

年収て残業代、手当込みだと思ってたのにそれを伝えたら何か書き直してた。

面接だと言いづらい時もあるから更にやねぇ。


んで、質問タイムになったんだけど、きっとみんな気になる『コロナの影響』。


大分キツいらしい。



イベント・飲食関係は求人を『閉じてる』そうな。

デザイン業でここが無くなると仕事が激減するわ。

そしてやっぱり解雇からの転職活動の方々も増えてるとか。



企業も先行き厳しいので、求人かけていても「選考のハードルがかなり高くなっている」とも言われまして。

今までは「これくらいのレベルの人材ならOK」みたいな所がもっと高水準のスキルを要求されるらしい。



んで、エージェントの方も、企業から『一人こんな人材を欲しい』と募集依頼が来たとする。

エージェントに登録した中で、条件に見合う人材が複数人いたら複数人に紹介する。

同じエージェントに登録した人間の中で既にライバルがいる事になると。

そして別のエージェントや転職サイトからも募集が来るので更に人数は増えていく。


昨今の情勢を踏まえて求職者が増え、企業は人を雇う数を減らすので、これからずっと狭き門になる予測らしい。



ではまだ動くべきではないのかしら?って聞くと。

…まぁこの辺はエージェントの売り上げもあるから鵜呑みにはせんけど。

倒産、解雇も増えていく予測と、企業の業績悪化から、転職したいなら後に回すとより一層難しくなる。

逆に今がいい。


みたいなお話。


加えて40代の1歳差は結構デカイらしく、紹介出来る企業が明確に減るらしい。


それと退職してから、退職を告げてからの一般的な引き継ぎ二ヶ月期間、勤めながらの転職活動。

この辺は皆さんどうなのか?って聞くとやっぱりそれぞれ、って答え。


まぁそうだろうな。


線引きはもうそろそろいるやろな。



で、最後に50社くらいの求人情報をもらい終了。

実に1時間オーバー。


行く前は聞きたい事まとめてたんですけどね。

エージェントサービスの説明とか、エージェントの聞きたいこと、自分の聞きたいこととかで変な時間の使い方してもーた。

そういや職務経歴書の添削とかやらんかったな。

今までは自分の中でグルグルしてた事を話す機会でもあったので大分必要のない話もしてた気がする。


ちょっと勿体なかった。


でも良かったなと思うのは自分の中でグルグルしてた事を一応プロ、職業の人に話せる機会があったってことすな。


煮詰まっちゃった人にもオススメかも?



で、その求人なんですが。
半分マネジメント系、半分デザイナー系。
確かに今転職サイト見てもこんなに出てこない。やっぱり未公開求人てあるのね。

そのなかで自分の意向にあう企業があるのかどうか?


なんと、



まだ見てない。




今日7時に起きてからずっとこれ書いてるんだものw

昨日は家に帰ってからすぐ寝ちゃってw

最近5時くらいに一度目が覚めるようになっててずっと睡眠不足なんだなw


…。



そうそう、今回一番意外だったのが、

面談の場で募集に応募しなかった(させられなかった)。


これですわ。

てっきりこの場で強引に面接日まで決められてしまうものだと思ってた。

後あれだな。

今の状況だけ見ると、

転職サイトの機能に加えて、スケジューリングなどを別の人間が無料でやってくれる。


そういうイメージ。


チラッとだけ求人見たけど転職サイトの内容と変わらない。業務内容とかは自分で調べないと駄目ね。

転職サイトだと人が来ようが来なかろうが結果決まらなかろうが、期間で費用発生するからね。無駄で終わることもある。

また来なかったからって、費用がもったいないからと妥協して雇う必要もない。(今の会社はこれだった)(でも成立したら転職サイトに比べて結構高い金額払う事になるはず)


それをよしとはしない、転職サイトに出てきてない求人が見られるようになった。

これが大きいですね。



そうそう。


これ俺が勝手にイメージしてただけだけど。

他のエージェントサービスは知らないのでこれがエージェントサービス全般に通じてるのかどうかは分からないんですが。


エージェントっつーくらいだから、企業の要望に精通してると思ってたんだけど、違うっぽいのね。


企業の要望と求人者の要望を繋げるのかな?って思ってたけど、企業の雰囲気や社風を知ってる訳ではないらしい。

そういう機会もあるんだけど、昨今のコロナの影響で人事と会う機会もないんだってさ。


ホントにこうなると

転職サービス+α


がここのエージェントサービスって感じだなぁ。あくまでここね?

何か『魚卸の目利き』みたいなイメージだったわ。

他の所はこんなん、って知ってたらコメントプリーズ。



そんな印象でした。


また何か進んだら書きましょうかね?

見直してたら何か抜けてる気がするなぁ。。


とりあえず、求人票みよっと。



ほなぁ!!